ソーラーパネル

ソーラーパネル鳥害の前触れ

近年、ソーラーパネルの普及とともに鳩が巣を作り、糞害や鳴き声等に悩まされる被害が多発しています。

鳩はカラスなどの天敵から身を守るため、 そして産卵、子育てのため雨風が凌げるソーラーパネルの隙間に巣を作ることが非常によくあります。
被害の目印として、ベランダや庭に糞や小枝等が不自然に落ち始めます。
次に被害状況が悪化してくると卵の殻等が落ちてくることもあります。
そして、鳩は3ヵ月周期で産卵します。

鳩は生まれ育った巣につがいを連れ戻って、産卵することが多いので、鳩は年々増え続けます。
年単位で放置されますと、 ソーラーパネルの隙間に複数の巣ができ、 中には10羽以上の鳩が住み着き、 ソーラーパネルや屋根ベランダを汚していきます。

そして、それだけの数の鳩の糞が雨樋に溜まり、 雨樋が機能しなくなり、酷いところでは糞が土化して草が生えてくるところもあります。

被害を被ったベランダ

バルコニー被害1
バルコニー被害2

被害を最小限にするには

鳩を寄せ付けなくするには、 鳩が寄り付き始めたサインを見逃さないようにして出来るだけ早い対応をすることが最も重要になってきます。

まず、ソーラーパネル廻りの糞などを小まめに掃除します。
鳩は自分が落とした糞·小枝がそのままだと「ここは安心。」と思い巣を作り始めます。

次にネット等を張って鳩が侵入するのを防ぎます。
それでも完壁ではありません。

毎日、屋根に昇って、掃除をするのは危険で大変なので出来ない日もあります。
ネットを張っても隙間があれば、鳩は侵入してくるうえ、ネットが外敵から守る役目をするので鳩はネットによる安心感から、より被害の進行が速くなります。

金属製のネットを使用し、ネットが錆びて隙間ができている状態

ソーラー金網1
ソーラー金網2

樹脂製のネットを利用しているが、隙間が多い状態。

ネット隙間

鳩の糞で雨樋が詰まった状態。
 

雨樋被害

完壁な対策

鳩を完壁に寄せ付けないようにするには、弊社の「ソーラーパネル鳩対策施工」が有効です。
ネットはビルの鳥害対策に使われている丈夫で長持ち、黒いネット及びフックなので目立たなく美観にも優れています。

また、巣を作ったソーラーパネルはネットだけを張っても鳩は寄ってきます。
それは、作った巣にヒナや卵があると守ろうとして執着します。
数年も放っておくと巣立った数も多いので、頻繁に偵察にきます。
鳩の偵察を防ぐには、特許を取得しているB-ST忌避剤を設置し、鳩が嫌がる環境を作ります。
そうすることにより鳩は「ここには入れない。この屋根は気持ち悪くて嫌い。」という概念をもち他の場所へ行きます。

B-ST忌避剤は鳥の嫌いな匂いと味と感触により鳥を寄せ付けなくするものです。
万が一、B-ST忌避剤が雨や雪で落下し、お子様やペットが触ったり口にしても人畜無害のB-ST忌避剤となっております。

また、ネットも鳩の習性を熟知した業者が張らないと隙間等が発生し逆効果になります。
弊社は2020年4月時点、 15,000件以上の工事実績があり様々な被害に対処しています。
ビーエスティー東海は3年保証になっており、万が一、鳩が局座たりネットが破損してもアフターサービスに伺わせていただき、 責任を持ってお家をお守りします。

施工後の写真

ソーラーネット
B-ST忌避剤2
B-ST忌避剤3
B-ST忌避剤1

ランニングコストとB-ST忌避剤

施工金額は被害状況·ソーラーパネルの形状·屋根材の種類·仮設足場の有無により変わってきます。

B-ST忌避剤はハーブ類·植物油等4~6種類を混入しております。
詳しくはお話できませんが、 ナフタリンに虫がよりつかない等がヒントになっております。
B-ST忌避剤を塗布後1~15日で鳩は寄りつかなくなります。 但し、時々遊びに来たり、偵察に来たりすることはありますが、 居座って巣を作ることはありません。
もちろん人畜無害です。

保証は3年間ですが、 効果は3年以上あります。2~3年寄り付かなければその間にそのグループの鳩は他の場所に居つきます。
但し、施工後1年間は要注意です。巣立った子供達がつがいで産卵に戻ってくるからです。

しかし、戻ってきても中に入れないし、屋根も居心地悪い環境に変わっているので他を探します。
また、他のグループの鳩が偵察にきても同様のうえ、古巣は居心地悪いので別の場所を探します。

※但し、鳩の住み付き防止には猶予期間が必要な場合があります。