特殊ネット施工①

こんばんは。

BST、山本です。

今日は特殊ネット施工のお話を例をあげながらご紹介いたします。

コの字型に建屋で囲われた中庭部分の水平面と垂直面をL字型に1枚張りでネットを設置する工事を行いました。

今回のネットサイズは横6m×縦15m程のサイズとなります。

現場画像

まず最初にネットベースとなるワイヤーを張るためのワイヤーベースアンカーを等間隔、テンションのかかる位置に打ち込んでいきます。

アンカーが少なすぎるとネット自体の重みで弛んでしまうため相当数のアンカーを設置する必要があります。

その後設置したアンカーにワイヤーを張っていきます。

外部なのでアンカー及びワイヤー等の金物は全てステンレス製です。

次にネットを被せ外周に張ったワイヤーに結束材にて結束していきます。

以上で完成となります。

完成画像

このように特殊な形の場所にもネットを設置することが可能ですので防鳥ネット施工を御考えのかたはお気軽にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

BST工法とは

次の記事

特殊ネット施工②